日本環境技術株式会社の炭化炉・乾燥機

平成9年の創業以来、地球温暖化をはじめとする様々な環境問題に正面から取り組み、
環境保全型のプラントを提供してきました。
技術的な信用を背景に大手プラントメーカーや、各自治体、廃棄物処理業者、民間工場等へ確実に実績を積み上げています。

汚泥乾燥・炭化システム

乾燥設備

焼却設備・排ガス処理設備

代表ごあいさつ

代表取締役社長

倭村 博

― 環境保全を通じ社会貢献することが
     
当社の最大の使命であり、喜びです。―


平成9年の創業から本年令和3年で24年が経過しました。
おかげ様で当社は環境保全型企業として多のお客様や支援者また勤勉な社員に恵まれ順調に成長しています。
とりわけ、汚泥の資源化(炭化・乾燥肥料化等)や焼却システムでは業界有数の実績を誇り、お客様の大半が上場企業やその系列のプラントメーカーであることからも当社の信用度の高さが伺えると思います。
常にお客さま第一に考え、要求されるものにプラスアルファを付けてお応えする、そのような会社でありたいと思います。
今は小さな会社ですが、将来は少なくとも技術力において名前にあった企業に育つことが私の夢でもあります。
環境保全はますます重要性を増しこれに携わる企業は社会的使命感が必要な事は言うまでもありません。
今後当社としてはさらに研鑽を積み、新技術の開発に邁進し環境保全を通じ社会貢献していく所存です。

MENU
PAGE TOP